2016年02月26日

追悼226事件 日本の夜明けのために戦った戦士たちを追悼

226事件

1936年2月26日未明、皇道派青年将校22名が下士官・兵1400名余を率いて起こしたクーデタ事件。皇道派青年将校は北一輝に接近、昭和維新の実現をはかり、武力による国家改造を計画、真崎甚三郎教育総監罷免、相沢事件など統制派の台頭に反発し皇道派の拠点であった第1師団の満州派遣を機に蜂起(ほうき)を決意。斎藤実内大臣、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎教育総監を射殺し、鈴木貫太郎侍従長に重傷を負わせ、陸軍省、参謀本部、国会、首相官邸などを占拠、陸軍首脳に国家改造の断行を要請した。

陸軍首脳は戒厳令をしいたが、海軍、財界がクーデタに反対であるのをみて弾圧に転換、反乱軍の規定も(決起)(占拠)(騒擾)(叛乱)と四転。29日反乱軍を鎮圧。首謀者や理論的指導者の北一輝ら、皇道派関係者を大量に処分、統制派が実権を掌握。岡田啓介内閣は倒れ、軍の政治的発言権が強化された。

日本の夜明けのために戦った戦士たちを追悼。

追悼226事件 義士 叛乱罪(首魁) 歩兵大尉 香田清貞 第1旅団副官 37期
追悼226事件 義士 叛乱罪(首魁) 歩兵大尉 安藤輝三 歩兵第3連隊第6中隊長 38期
追悼226事件 義士 叛乱罪(首魁) 歩兵中尉 栗原安秀 歩兵第1連隊 41期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 歩兵中尉 竹嶌継夫 豊橋陸軍教導学校 40期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 歩兵中尉 対馬勝雄 豊橋陸軍教導学校 41期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 歩兵中尉 中橋基明 近衛歩兵第3連隊 41期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 歩兵中尉 丹生誠忠 歩兵第1連隊 41期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 歩兵中尉 坂井直 歩兵第3連隊 44期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 砲兵中尉 田中勝 野戦重砲兵第7連隊 45期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 工兵少尉 中島莞爾 鉄道第2連隊 46期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 砲兵少尉 安田優 陸軍砲工学校生徒(野砲兵第7聯隊附) 46期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 歩兵少尉 高橋太郎 歩兵第3連隊 46期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 歩兵少尉 林八郎 歩兵第1連隊 47期
追悼226事件 義士 叛乱罪(首魁) 元歩兵大尉 村中孝次 37期
追悼226事件 義士 叛乱罪(首魁) 元一等主計 磯部浅一 38期
追悼226事件 義士 叛乱罪(群衆指揮等) 元士官候補生 渋川善助 39期

日本改造法案大綱

北一輝が1919年上海で執筆した著作。日本の国際的孤立、国内の階級対立激化を打開するための国家改造を述べる。3年間の憲法停止、戒厳令施行、私有財産の制限、在郷軍人を基礎とする改造内閣の組閣、華族制・貴族院の廃止などを構想。青年将校に読まれ、のちの日本ファシズム運動の経典となった。二・二六事件はこの著作内容の実現を目ざして起こされた。

青年日本の歌

http://eruikmbf.seesaa.net/article/423806015.html
posted by ロベルトマルシー二 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック