2015年09月29日

イタリアオリーブの木構想

プローディの「オリーブの木」構想に賛同したのは野党第一党にして旧イタリア共産党系の左翼民主党(PDS)で、書記長のマッシモ・ダレマは「オリーブの木」への参加を表明、前回選挙を「進歩主義者」で戦った各党も参画した。
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/marxismco/jissenronco/oreevunokiundoco.html

左派政党が「ともにイタリアのために」を標語として連合したものである。政権を取る為にイタリアの中道・左派が結集した政党の連立方程式の枠組みの呼称である。これを運動理論で考察するならば、左派政党が常用してきた統一戦線論、人民戦線論よりも規制力の弱い即ち各政党の自由自主自律性を重視した上での共同戦線論になる。且つ政権を取る為に編み出された政党の連立方程式。
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/marxismco/jissenronco/oreevunokiundoco.html

オリーブの木(イタリア語 l'Ulivo)は、イタリアの政党連合。
1996年に結成された主に第三の道政策を採用するイタリアの中道左派政党連合である。イタリア共和国の首相で経済学者であり、左派キリスト教民主主義の党員であったロマーノ・プローディが名付け親である。2006年には総選挙に向けて中道左派のより大きな「連合」を結成し、僅差で勝利を収めている。
http://www.ammanu.edu.jo/wiki1/ja/articles/%E3%82%AA/%E3%83%AA/%E3%83%BC/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%81%AE%E6%9C%A8.html

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます。
2015年9月19日 志位和夫
http://blogos.com/article/134959/?utm_content=bufferdd088&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
posted by ロベルトマルシー二 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック